メニュー Menu

できるだけ痛みを抑えた治療をご提供します

できるだけ痛みを抑えた治療をご提供します

歯科医院に苦手意識を持っている方は少なくありません。それは治療に「痛い・こわい」といったイメージがあるからではないでしょうか? 
「歯を削るキーンという音が嫌い」
「虫歯治療で使うドリルの振動が頭にひびく」
「口の中に治療器具を入れると吐き気がする」
「とにかく痛いのが嫌いなので行きたくない」
など理由はさまざまです。

京王新線初台駅南口より徒歩3分の歯医者「初台GT歯科」では、歯科医院が苦手な方でも安心して通っていただけるように、できるだけ痛みを抑えた治療を行っています。どなたにとっても通いやすい雰囲気づくりを心がけ、心身共にできるだけストレスがかからないような診療をご提供しています。

無痛治療のご紹介

痛みの感覚は人それぞれです。そのためここでお伝えする「無痛治療」とは、できるだけ痛みを抑えた治療のことを指します。

歯科治療は、まず治療中に痛みを感じることがないように麻酔を施すことから始まります。しかし痛みに敏感な方は、「麻酔注射」と聞いただけで治療に消極的になりがちです。そのため当院では麻酔注射にもさまざまな工夫をして痛みを軽減しています。ほかにもレーザー治療器を導入した痛みの軽減につなげています。

麻酔の工夫
表面麻酔 電動麻酔器
表面麻酔 電動麻酔器
注射針を刺すときの「チクッ」とする痛みの軽減のため、まず針を刺す歯ぐきに表面麻酔を塗布します。これで痛みに弱い方やお子様にも安心して麻酔注射を受けていただけます。 麻酔液を注入するときは一定の圧力で少しずつ注入すると圧痛がかかりません。当院では電動麻酔器を使用して安定した麻酔注射を行い痛みの軽減につなげています。
細い注射針 人肌の麻酔液
注射針は細ければ細いほど痛みの軽減につながります。当院では現在歯科医院で使用可能な中でもっとも細い注射針を使用しています。 冷たい注射液が体内に入ると体温との温度差で、「冷たさ」を「痛み」として感じてしまうことがあります。この「痛み」を抑えるため、人肌に温めた麻酔液を使用しています。
笑気麻酔にも対応

笑気麻酔とは鼻から高濃度の気体(酸素と笑気)を吸引して、不安や不快感、恐怖心を和らげる方法です。笑気ガスを吸うと眠くなる前のウトウトした状態になり、リラックスした感じになるので、不安を感じることなく治療が受けられます。

笑気麻酔にも対応

【笑気麻酔の特徴】

  • 気持ちがリラックスして、痛みや恐怖心を感じなくなります
  • 痛みを感じにくくなります
  • 時間の感覚が薄れ、治療時間を短く感じます
  • 笑気ガスを外すと鎮静状態から短時間で回復します
  • 保険が適用されます
レーザー治療器の使用

レーザー治療器の使用

歯科用レーザー治療器は、ほとんど麻酔なしでの治療が可能なほど痛みを抑えることができます。特殊な光での処置なので止血作用や除菌作用があり処置後の治癒が早いという特徴があります。

できるだけ痛みを抑えた治療を行います口腔内のお悩みについてご相談くださいご予約はこちらからどうぞ